職場の出会い

恋愛のチャンスは待っていても訪れないものです。
友人で、真面目な恋活の出会い系でパートナーを見つけた人も結構いたのですが、私の場合自分から行動してこそ、理想の相手と出会うことも相手の心を掴むこともできるとずっと思っていました。

女性ばかりの職場で、なかなか恋愛のチャンスが無かった20代ある日、友人から珍しくコンパのお誘いがありました。

相手は同じ会社の別の営業所の社員で、実は中途採用で来た同期とのことでした。

ちょっとお洒落な居酒屋で待ち合わせしたときは緊張したけれど、現れたのは背の高い人のよさそうな男性で、合うなり自分の馬鹿話で随分場を盛り上げてくれました。

気取ったところが全く無く、いつも女性ばかりで緊張感のある職場に働く私にとって、分け隔てなく話しかけてくれる彼はとても好印象でした。

帰りに携帯のメールアドレスを交換する人が多い中、私は彼にアドレスを聞こうか、散々迷いました。
これを逃したら、今度はいつ会えるか分からないけれど、勇気が出ません。

そのまま二次会でカラオケに行き、私の様子に気づいた同僚の女性が、気を利かせて彼の横の席を空けてくれました。

カラオケを歌いながら、彼の様子をチラリと何度も伺いましたが、相変わらず誰に対しても分け隔てなく、何だか妙に意識してしまって、彼がそっと手渡してくれた飲み物を受け取るのがやっとでした。
帰り際に、ちょっとだけお酒の力を借りて、勇気を出して声をかけました。

「携帯のメアド交換しませんか?」

彼は一瞬戸惑ったような表情をしたけれど、いいですよ。と快くメールアドレスを教えてくれました。

この先はどうなるか、それも私次第かもしれないけれど、真面目な気持ちだからこそ、相手の気持ちも大切に一歩踏み出したいと思います。

TAG:

Comments are closed.