精密なiphoneの修理

iPhoneと聞くと耐久性や信頼性の高さを想像させる方は多くいると思います。
しかしそれでも機械物という事もあり、どうしても壊れる時は壊れてしまいます。

そんな時、街中でも見かけるiphoneの修理をしてくれるお店、皆様も見たことはあると思います。

私は何度か自分では修理したいと思い断念しました。
理由は簡単で、iPhoneのネジは物凄く小さいのです。

大きさで言うと米粒よりなお小さいと説明すればその小ささをご理解いただけると思います。

私はパソコンの修理業者で働いていたことがあり、パソコン関係の修理に関してはお手の物です。
ですがパソコンに使用されているネジは一般でも販売されているタイプの大きさのネジで、精密ドライバーがあれば個人でもばらせるような仕組みになっています。

しかしiPhoneはばらせないようにする為でしょうか、本当に小さく、ネジを紛失する危険性が極めて高く、作業も機械関係の中ではかなり精密な作業を求められます。

部品等に関しては専門の業者から仕入れるか、ネットオークションなどで手に入るとは思いますが、精密作業に余程の自信がない限りは修理してくれるお店(私の場合、さいたま市大宮区に住んでいるので iPhone 修理 大宮 など地域名で検索)にお願いするか、アップルの正規のお店にお願いする方がよいと思います。

Comments are closed.