受験の環境作り

私は、アルバイトで、中学受験を控えている生徒の家庭教師をしたことがあります。

そのときに思ったことは、中学受験で合格するには、子供のやる気をいかに起こさせるかが重要だなということです。

受験を受ける子供たちはみんな小学生。友達は勉強せずに遊んでいたり、また、その子自身もスポーツに取り組んでいたりして、なかなか勉強に集中できないという子が多いと思います。

それでも、小学生の中には、勉強をしなければならないときには勉強に集中して、見事合格する子がいます。なぜ、そのような違いが生まれるのか。それは、おそらく、合格していく子たちは、勉強の楽しさを知っているのだと思います。勉強の楽しさを味わうには、成功体験を積む、つまり、できると思う機会を増やしていくことが大切です。

先日、兄夫婦の子に受験の心得を教える機会がありましたが、まず、その子のレベルに合った勉強して、成長すればレベルを上げていくというような、工夫した勉強を行う必要があると思います。

そして、大人たちが、子供が勉強を進んで行える環境を作り出してあげることも必要です。

例えば、その子は有名なSAPIXの生徒なのですが、親がSAPIXと家庭教師について書かれたブログを読んで、苦手な科目には家庭教師を付けた方が良いのではと相談されました。

まさしくそういった、塾に丸投げにならない細やかな環境作りが受験には大切で、子供と大人、双方の頑張りがあってこそ、合格があるのだと思います。

Comments are closed.