低リスクな不動産投資

不動産投資とイメージすると、高年収サラリーマンや安定した収入が見込める公務員、といった方たちの年金対策としての資産運用と思う方は多いと思います。

しかし最近では年収が少ない方や若い世代の方でも始めるなど、その人気は高まる傾向となっています。そこで今回は、不動産投資の人気の理由についてご紹介したいと思います。

そもそも、不動産投資の言葉定義としては、土地や建物などに対して将来の利益を期待して購入すること、といったものが不動産投資といわれています。

具体的には、不動産を購入した金額以上で売却して売却利益を得る事と、アパートやマンションを購入して人に貸す事で定期的に賃貸料収入を得るものがあります。この中でも人気を集めているのが賃貸料収入を得る投資方法になります。

資産運用では、株式やFX、投資信託、商品先物取引など様々な金融商品があります。しかしいずれも経済情勢によって価格の変動は激しくハイリスクな一面があります。

一方、銀行預金においては、超低金利時代という事もあり資産運用には到底不向きといえます。

そんな中、不動産価格についてはバブル崩壊以降、大きく変動することはほとんどなく、長期的に見通しが立てやすい、さらには株式やFXのように元本がゼロになることがないといった、低リスクな投資といえます。又、賃貸料収入では将来の年金の補てんとしても安定した収入を得られる事から、俄然注目が集まっているといえます。

Comments are closed.