マンションフロアコーティング

新築マンションに引っ越した際に、入居前にリビングダイニングのフロアコーティングを行いました。オプション説明会で、説明を受けてお願いすることに決めました。

フロアコーティングをしようと思ったのは、小さい子どもが3人おり、前の家でも床がかなり汚くなってしまっていたからです。以前の家は、中古物件でしたので、コーティングのようなものはせず、自分たちで家具をどけてワックスをかけていました。

しかし、子どもが3人になってからはとてもそんな時間は無くなり諦めていました。

また、自分たちでワックスをかけてもワックスも市販のもので上手くかけることができずに余計に汚くなったり、かけたすぐの時は良くても時間が経つと汚くなってきたりと、自分たちで頑張るには限界を感じていました。

第一、ワックスとフロアコーティングは全くの別物で、フロアコーティングをした方が断然汚れもつかないし、付いたとしてもさっと拭くだけでも取れやすいです。

施工会社を調べていて、東京都港区に本社のある森のしずくを選びました。

この会社のナノグラスコートというフロアコーティングは、いわゆる「ガラスコーティング」で、有機成分ゼロ、耐熱1200度の不燃性、30年保証というかなりの強度を誇るコート技術との事で、とくに子供のいる家庭では有機溶剤を使用していない点が安心です。

所沢市のショールームで、施工を施した床材を拝見しましたが、本当にガラスの膜が張ったような不思議な質感で、かといってつるつるとすべる様子もなく、グリップが効きます。

結局費用はかかりましたが、毎日接する床なので、お手入れのストレスなくきれいに保てるのが一番ありがたいです。

コーティングも永久的なものではなく、段々取れてきてしまうそうですが、その時はまたお願いしようと思っています。

Comments are closed.