痒みと検査

恥ずかしい話なのですが、先月末に突然下半身に痒みが出て、放っておいたら激しい灼熱感を伴って発疹まで出てきました。

一旦何事なんだろうと思い、インターネットで症状を検索すると、新宿の泌尿器科クリニックの性病検査の案内ページに書かれていた「カンジタ」という病気の症状に残にしていたのです。

ただ自分には性病をうつされる心当たりもなく、どういう事なんだと思い、ネット資料を調べていましたが、どうやらこの病気は元々カンジダ菌という子のが体内に存在しており、免疫が弱まると発症したりするようです。

また、発症している人の使用したタオルなどからも感染するらしく、どうにも防ぎようのない感じです。

さて、それでは実際にどう処置すればよいのかというと、やはりちゃんと病院で検索を受けて薬を処方してもらうのが手っ取り早いようですね。

恥ずかしいので検査器具をネットで買おうかなと思いましたが、病院で検査すれば数千円ですし、検査キットを使っても陽性なら結局病院に行くことになるので、それなら仕事帰りに寄れる新宿のクリニックですべて処置してもらった方がいいなと思いました。

実際、すぐに検索して貰えて薬をもらい、一週間ほどで完全に症状は治まりました。

Comments are closed.