Author Archive

パソコンかスマホを持っていれば必ず考えるのがネットを使った副業だと思います。

私も当初はブログ+アフィリで月1万円まで稼いだりしていましたが、ブログを描く手間と収入が割に合わないなと思い、現在は放置気味。

友人で月10万円近く稼いでいる人が居たので、どんな方法かと聞いたら意外な事に「ポイントサイト」でした。

私もポイントサイトをやったことがありますが、バナーにアクセスしたりガチャをしたりアンケートに答えたりして3000円くらいは言った記憶がありますが、なぜそれだけ稼げるのか疑問に思いました。

よくよく聞いてみるとポイントをたくさん稼ぐ肝は「紹介」で、モッピーとげん玉の2サービスのバック率はバカにならないそうです。

本当に知人に紹介コードから入会してもらって報酬を得る方法もありますが、趣味などのネットグループや掲示板、今はSNSを使って紹介稼ぎをしているとの事。

もう一つは、モッピーのクラウドワークサービスで、これは完全に作文の内職ですね。

100文字いくらという単価の仕事で指定されたテーマに沿った原稿を描けばポイントがもらえます。

これはクリック広告数百回分が一気に稼げますから、紹介はあまり自信がない人でも確実に使った時間分の報酬を得ることができるとの事でした。

研修とレクリエーション

お盆休み前に3泊ほどの社員研修が恒例となっているうちの会社では、毎年保養所を兼ねた研修施設をいくつかピックアップして社員旅行を兼ねるプログラムを組んでいます。

1日目、2日目が研修で、3日目は丸一日、レクリエーションや宴会で盛り上がるのです。

新卒で入社してきた社員と2年目の社員までは、従来通りの研修プログラムを行いますが、中堅以上は研修のサポート役になります。

管理職以上は3日目のレクリエーションから1泊だけ現地入りという感じで、完全に保養目的だけの宿泊になります。

昨年は那須のオオシマフォーラムというリゾート型施設でしたが、今年は千葉の「リソル生命の森」か、静岡の「ヤマハリゾート つま恋」が候補となっており、会場選びの選考基準はもはや研修目的ではありません(笑)。

千葉の施設はアウトドアリゾートが目玉で、ゴルフ場やテニスコート、野外レクリエーション施設が豊富なエリアです。

静岡は宿泊施設が2棟の独立したホテルとなっており、宴会場も超豪華、温泉まであります。

管理職以上の人間がゴルフ派か温泉派かで白熱しており、最終的に多数決になりそうです。

おそらくですが、今回選ばれなかった施設が来年の研修会場になると思いますので、来年の分まで決定してしまうと後が楽だなと、私たち中堅社員は考えています。

ダイエット成功のコツとは?

ここいちねんでダイエットに成功し、すごくスタイルが良くなった友人がいるのですが、現在は仕事関係で九州に住んでいます。

地元が一緒なので年に数回戻ってきますが、昨年の暮れ頃にあった時に体型が良い意味で激変していました。

先日も一緒に夕食(飲み)に行ったのですが、二年前から考えるとどう見ても5キロ以上、いや10キロ近く痩せていると思います。

ダイエットに成功してから2回食事に行ったのですが、これだけの体形変化があったのだから食事制限もきつそうだなと思っていたのですが、結構普通に居酒屋メニューを注文してお酒も飲んでいます。

不思議に思って聞いてみると、今は、大分のパーソナルトレーニングで有名な老舗ジムでトレーニングをしているのですが、運動が日課になって体質が変わり、代謝も上がっているので以前食べていた量位だとそうそうカロリーオーバーにはならないとの事。

また、何気なくですがサラダや肉の調理方法も簡単に選んで気を付けているそうです。

やはり、ダイエットに成功するコツというのはあまり神経質に自分を追い込まないことも重要で、いっぱいの一番の原因が「きつくて心が折れる」事なのだとか…。

確かに私の経験でも、自分に課した食事制限や運動が面倒になり、そのまま終了という事が多かったのですごく納得できる話でした。

初ゲーミングパソコンを

私はPCで週末ネトゲを楽しむことがありますが、かなりのライトユーザーだと思います。
基本、ゲームの画質設定はハイミドルローで分ければロー一択ですし、オープンワールドゲームの処理落ちやラグは当たり前だと思っていました。

しかし、その認識が変わったのが先週の事。

友人の家で焼肉パーティーをした後に、新しく買ったというゲーミングパソコンで私もアカウントを持っているネトゲをしたのですが、あれ?全然別のゲームじゃんというくらい背景が高画質。

聞けば、ハイクラスの設定で詳細線画もかなり遠方までにしているらしいですが、それでも全然処理落ちしません。

動きもいわゆるヌルヌルで、これなら精密射撃のブレもうまくつかむことができるなというレベルでした。

私など、カクカクしてほとんど感で撃つことがあるくらいなので…。

SSDの立ち上がりの速さも感動的でしたし、もう帰って自分のパソコンを立ち上げると、今まで気にならなかったもっさり感が嫌になってきました。

今、初心者におすすめのゲーミングパソコンのモデルを比較していますが、私の認識よりかなり安くなっていますね。

少なくとも、ハイエンドノートパソコンを買う予算があるならミドルクラス以上のタワー型ゲーミングが買えますから、次のボーナスで購入しようと思っています。