Author Archive

板金塗装

昨年の秋にマイカーを駐車場の入り口でこすってしまったのですがしばらく放っておいたのです。
先日友人と一緒にスノーボードに行くときにその傷を指摘されたのですが、へこみはいいとして傷が塗装のベースコートより下まで行ってるので早めに板金塗装に出した方が良いと。
私はへこみのほうが気になって塗装なんて10センチくらいだしと思っていたのですが、車というのは金属の塊だから基本的にさびやすく、強固な塗装でさびないようにしているという事で、その塗装が車体の金属の近くまで行っていると内部から錆びが広がって取り返しがつかないことになると。
よく放置車両のボディが内側からボコボコと膨らんているのは塗装の内部でさびている状況で、私の車の場合も傷は小さいですが深いのでそのままでは塗装の下に広がっていくというのです。
スノーボードを楽しんで宿に戻ってからノートパソコンで野田市内(千葉に住んでいます)の板金業者を検索していたのですが、施工面積?を図っておおよその見積もりが格安のところとそうでないところがあり悩みました。
みんなお風呂に入って食事も終わった時にこのことを相談してみると、安いところはクイックリペアなのであとが残るよと。
私の車は特に野外駐車場なので純正塗装の色が焼けているから塗ったところが結構目立つんだそうです。
そのやり取りを見ていたS君が、「俺の知ってる板金塗装紹介するよ、野田市内だし横内だからすぐでしょ。」といわれて、グーグルマップで見ると、私の住んでいるマンションから16号線で1キロほどの場所でした。
S君はジェットスキーをやっていて、自分のマシンのオリジナルペイントをやってもらいっているオリークという板金塗装会社がお気に入りのようで、絶対腕がいいところでやったほうがいいと激押しでした(笑)。
まあ、私もどうせ何万円も出すならきれいに治してくれる方が良いので帰ったらそこにお任せすることにしようと思います。

銀座のクラブ

銀座に良い意味でも悪い意味でも特別感がある年代はたぶんアラサー以上だと思います。私も若いころは特に場所によって特別な感じというのはなかった(というか見えてなかった)のですが、歳をとるにつれ、自分の生活レベルでは場違いなところだなぁと思うようになりました。
だって、男性で会員制クラブの会員になるって会費だけで大変な額なのでしょう?
それでなくても銀座は座るだけで数万円というお店がひしめき合っているのですから、男性に限らずOLでも場違いだなと思います。
でもそんな場所に出入りしている若い女性は格式などを考えることもなく、効率よくバイトできる街として人気なんですよね。
新卒の女子社員がバイトしていたお店が多かったのは銀座のクラブで求人も現役の学生から二十代後半までがメインの様でした。
それに対して客層は誰もが知っている企業の重役や経営者で、社会経験をゲームで例えるなら始めからラスボスと対峙しているような感じでしょうか、そういったお店にいた子は肝が据わっているなぁと思う事がありますが、銀座のクラブに来るような人と二十歳そこそこの時にお酒を飲んだら当然普通の会社の上司に物怖じするようなことはないですよね。
そういった社会経験としてわざわざ高級店を選んで面接を受けるようなツワモノもいるという事を聞いたのはわが社の受付嬢なのです。

TAG:

天神周辺の眼科クリニック

この春にレーシックを受けようなともくろんでいるのですが、勤め先(福岡市内)沿線沿いで自宅からの通勤路にあたる場所となると天神エリアのクリニックが集まっているところです。

会社で手術を受けたという意図も大体そのあたりのクリニックなのですが、レーシック 福岡 でググって評判を調べると、数ある眼科の中でもおおよそ2つくらいに絞れます。

レーシックは以前、というか相当前に上京して学業に専念していたころに考えたことはあるのですが、角膜を削るって怖くない!?いやいやそれならコンタクトでいいや!とやめたことがありました。

視力矯正の技術や医療機器も時代とともに高性能化していっていると思いますが、そのころは視力はよくなったけど目の炎症やドライアイがひどくて大変だというネガティブな要素も良く聞きました。

いまでは、当時の手術の数分の一の出力のレーザーで、ダメージを低く抑えた術式が一般的になっているそうですから、合併症で悩んでいるというような体験談は、ほとんど聞かなくなりました。

まあ、有名どころで品川近視クリニックか神戸神奈川アイクリニックのどちらにしようかなという事なのですが、ネットと資料で比べた限りはどっちも良さそうなので、市内で手術を受けた人の口コミと先生に直接話を聞いた印象で決めようと思います。

一年の計はダイエットにあり

九州に嫁いだ姉が久々に帰郷して実家で4日間一緒に過ごしていたのですが、年末年始は父をしのぐほどよく食べる姉が全く暴飲暴食をしないので気になっていました。

なんでも一年の計は元旦にありという事で毎年春ごろに慌てて始めるダイエット(もちろん夏に間に合わず…)を今年はきっちり年末年始から徹底的にやってシェイプアップするんだとの事。

ネットでカロリー計算をしては必要以上のカロリーを摂取しないというのを私が帰るまで続けていたので本気度は高いと思います。

姉が住んでいる大分でダイエットプログラムをやっているフィットネスジムのブログを二人で読んで、姉は帰ったらそのジムのパーソナルトレーナーに相談をするという事でしたが、そのブログは読むだけでも結構具体的なフィットネスやダイエットの情報が書いてあるので私も何か継続してやってみようという気が起きました。

例えば、食事制限がつらくて逆に感触が増えた経験がある私は、先にノンカロリー炭酸水を飲んでから食事をする方法(炭酸による満腹感を得る)など、ほんの少しの工夫で乗り越えられるような豆知識がとても役に立つと思ったからです。

筋トレについては実際にジムに行かないと効率よいトレーニング委は出来ないと思いますが、日々の努力でカロリーを減らすことなら、すぐにでも始められますよね。