Category Archive: ネット

アフィリエイトで儲けたい!

「アフィリエイトで儲けたい!」

そう考えている人はものすごく多くいると思うんですよね。
しかし、そう簡単に稼げないのがアフィリエイトでもあります。簡単に始められますが、稼ぐのは至難の道をたどらなくてはならない。それがアフィリエイトの世界なのです。

具体的に言いますと、有名な「グーグルアドセンス」であなたがアフィリエイト広告を掲載して儲けようとしましょう。

結論から言えば、PV(ページビュー)の10分の1があなたの収益になると言っていいでしょう。つまり、1ヶ月のあなたのサイトのPVが10万なら、1万円しか儲からないことになります。1ヶ月で10万PVということは、1日あたり約3,000PV以上を叩き出す必要があります。それだけのアクセスを定期的に稼ぐ必要があるのです。

また、Amazonアフィリエイトで稼ごうと思っていらっしゃる方も厳しい世界であるということを頭に入れておいてください。とは言っても、商品レビューは文章力に左右されるので、あなたがお客様に商品の魅力を伝える力が素晴らしければ売れる可能性はあります。しかし、商品リンクを貼って紹介料で儲けるには、やはり企業力にはかないません。ただ、個人でできるぶん、自由度は高いです。

一番良いのは、ひとつの方法だけでなく、いろいろなアフィリエイトを組み合わせて合計値で稼ぐということが一番現実的でしょう。

アフィリエイトのメンタル

ネットでお金を稼ぐと聞いて、数年前までは「胡散臭いな~」と思っていた口ですが、実際にやってみると意外にお金になると言う事がわかりました。

自分でブログなどをやっていたので、お小遣い稼ぎにとアフィリエイトを始めました。

元々はソーテックのアフィリ本を購入して、その後にほんの作者の河井大志氏(スマートアレック代表)が運営する「ALISA」という月額980円程度で学べるスクールに通ったのが発端です。

そこで、ゼロの状態から基礎を学んでA8などの主要ASPで報酬を得るようになれました。

マンツーマン指導で独立起業を目指す塾も同じ会社で運営していたのですが、私の場合はあくまで空いた時間で小遣いをという考えなので、そこまでは投資しませんでしたが…

そこで学ぶ前はレンタルブログすら借りたことの無いレベルからだったので、スキル的にはかなりそのスクールで飛躍したと思います。

私の場合、特段難しい事はやってはいないです。

サイドビジネスと言うと大げさかも知れませんが、使った商品などの中で良いと思えるものがあり、その中でアフィリエイト出来るものをお勧めしただけです。

ちょっとランチでも出来れば良いナ、と思って始めましたが、意外に収入になって驚いたことがありますきました。

アフィリエイトって、稼ごうと思って金額を増やすのは並大抵ではありません。
ですが気まぐれにやったモノが多くの人を引きつけ、かなりの稼ぎになる事もありますね。

やっていたのは健康食品系で、私自身が健康にかなり気を使ってアレコレとやってみるので、その分知識もあってうまく回ったでしょうか。

ただ一つ、自分の有利だった点として、私の場合はSNSをやっている期間が長く、無収入で一種のボランティアみたいな感じで自分の買った健康食品を紹介していたという基盤があります。

その後、ブログを借りたり、自分でドメインを取得してCMSを入れたりしてかなり本格的にアフィリエイトに挑戦したので、その分見てくれる人との信頼関係みたいなものが出来ていて稼げたのだと思っています。

あなたに言われると試して見たくなるとの旨のメールも貰った事が多いので、確かな話でしょう。

実はそういった自分をブランディングする術のようなモノは、先のALISAというスクールで教えていた事の一つです。

別にそれで生活している訳ではないので副業な訳ですが、自分の頑張りが数字で見れると言うのもやる気の一つになります。

先月の売り上げでサーバーなどを借りたので、今月は自分へのご褒美に携帯を買い替えようとか、小さな目標でも驚くほどのモチベーションを生み出します(私が単純なだけかもw)。

SEOとかほとんどしたこと無いんですがやれたので、アフィリエイトは役に立てれば簡単だと思えます。

大きな額ではなくても確実に利益を出したい場合は、私の経験ではネットオークションを利用したインターネットビジネスを進めています。

これなら最初は自分の周りにある不用品を処分するところから始める事ができるので本当におすすめです。

そして、段々慣れてきたら不用品の処分だけでなく、どういう物が売れるか自分で分析して
物を仕入れて売るという事も可能になります。

そうやって私はこれまでに楽しみながらインターネットビジネスをやってお小遣いを稼いだという事です。

たまにですが、生活が苦しくて起死回生の為にネットにかけるというような話を聞きます。

そう言ったメンタルでスタートすると、コンテンツにもお金が欲しいという気持ちが出てしまって、ユーザーを引き付けることはできないような気がします。

余裕があるからこそ、その人の話を聞けるというのは、ネットに限らず人間関係の基本であると私は考えるのです。

Webアプリの開発

個人でWebアプリの開発をしています。

使用している言語はPHPです。生業はWebデザイナーですのでプログラマーのように業務でしっかりとPHPを組んだことはありません。

WordPressのようなCMSを設置する際に簡単なメソッドを作る程度のことしかできません。
このような状態でWebアプリを開発してリリースしましたらバグが大量に発生してしまいました。

いわゆるprintfデバッグというものを使ってデバッグしていたのですが、素人作りのためにチェックしていない部分やおかしな部分が沢山あったのでしょう。

そこで次に作るWebアプリではなるべくバグを出さないようにするためにテスト手法を勉強しています。

そうです。前回リリースしたWebアプリはテストをしていないアプリだったのです。

テストは大事だと聞いていたのですが、方法論もわからない上に覚えるまでに時間がかかると思いましたので、覚えるのを先延ばしにしていたんです。

今考えるとしっかりとこういった基本的なことは覚えてからWebアプリをリリースするべきだったと思います。

色々と難しいことが多いため、ひとりでは学べないと感じ、いまは職業プログラマーの方に定期的に教えを請うようにしています。

やはりその道のプロに聞くのは勉強になるんですよね。
先週はアプリケーション使用管理について、サードパーティーのソリューションを導入する事を学びました。

次はしっかりとテストをしてバグが少ないWebアプリをリリースしたいですね。

社長のブログ

以前から勤め先の社長が公開しているブログが、結構おチャラけたないようで、社員の間でも「あのブログ大丈夫かなー、逆効果じゃないかなー」と心配されていました。

その疑念が払拭されたのは、ネットマーケティングのプロがオフィシャルサイトのマーケティングを担当する事になってからです。

オフィシャルサイトに設置された顧客目安箱のようなフォームで、「どのような理由で弊社を利用しましたか?」というアンケートの結果がダントツに「社長のブログ」だったのです。

社長のブログは気が付けば読者7000人ほど、ほとんどが会社のサービスより社長の小話のファンです。

まあ、たまにうまい事会社の業務に関する内容を茶化したりしているのですが、7000人という読者の中で確実に会社のサービスに特異性を見出して、興味を持った人がいるという事なのだと思います。

アナリスティックという、顧客の経路辿ることができる解析サービスでは、圧倒的に商品名や会社名で検索してきている人が多く、その商品名や会社名を知った大本が結局はブログであったという事でした。

専門家が言うには、このような顧客が自ら探してくるような販売戦略をインバウンドマーケティングと言い、ブログの存在が自然にその最新のネットマーケティング手法をなぞる形で展開されているのだそうです。