Category Archive: 健康関連

父の入れ歯の話

今年で75歳になる私の父が、部分入れ歯にし始めたのは今から15年前くらい前の話です。
もともと父は、歯磨きをあまり丁寧にしない人で、なるべくして入れ歯になりました。

そんな私の父は、夜、入浴し、夕食が終わると日課のように入れ歯を外します。

そのため、それ以降の時間は歯のない状態で過ごします。

ご自分の周辺に入れ歯のご家族のいる方は分かると思いますが、歯のない人って、話し方が独特ですよね。

今付けている物は有名で技術力がある歯科技工所で作ったアセタルプレートの入れ歯(装着感が良くてズレにも強いそうです)なのですが、総入れ歯にしたばかりの頃は保険で作った安い入れ歯で話している途中でガポっと外れることもしばしば。

家族は笑って済ませるのですが、家族意外の人、例えば電話や来客の際にそんなことがあったら結構な確率でビックリされ、父もすごく落ち込みます。

そういえば、夜中の入れ歯の怖さをご存知でしょうか。

うちの父は入れ歯の置き場を決めておらず、いろんな場所に置いています。

その入れ歯が、夜中、思いもよらない場所で見つかった時の恐怖は、半端ないのです。シャレになりません。今まで私は何度、夜中に叫んだでしょう。

しかし、そんな父を見て、私は歯磨きを念入りにするようになりました。いわゆる反面教師です。

なるべく入れ歯のお世話になる年齢は引き上げようと歯のアンチエイジングも始めた40代の私です。

頭が痒い!!

いつの頃からかは忘れてしまいましたが、頭皮のかゆみに悩まされています。

いろいろ試しているんですが・・・なかなか完璧には治りませんね。

とりあえず、合わないシャンプーを使うとすぐにかゆくなってしまうので、今は自分に一番合うシャンプーはどれだろう?と探している状態です。

一番ひどい時は、かゆみだけでなく頭皮、いわゆるフケが大変なことになっていました。
洗い過ぎても洗わなさ過ぎても、普通に洗ってもダメなんですよね。

洗ったそばからすぐかゆみを感じます。

ノンシリコンのものや普通のシリコン入りのシャンプー、
頭皮にやさしいと言われているシャンプーやフケ、かゆみ用のシャンプーも使いましたが、一旦いいと思っていても使い続けるうちに「ん?かゆい・・・」ってなってしまったりで。

正直、どれが本当にいいのかよくわかりませんでした。

今のところ一番かゆみを感じないのは、ミコナゾールを配合したシャンプーでリエンのコラージュフルフルというものです。

ネットの 頭が痒い シャンプー で探した口コミでなんとなく購入したのですが、香りがそれなりにするので、かゆくなるかも・・・と思いましたが、なぜかかゆくなりませんでした。

また、手軽に薬局で買えるものの中ではキュレルは頭皮保湿ローションもいいですね。

かゆいかも・・・という時につけるとかゆみがかなり軽減されるような気がします。
ノズルの塗りやすさも気に入っています。軽減されるような気がします。
ノズルの塗りやすさも気に入っています。

柔道と接骨院

私は柔道を15年程やっていました。

激しいスポーツをやっていたので、膝や腰、肘など様々な場所に負担がかかり、辞めた今でも痛くなります。

そんな時に決まって行くのが接骨院です。

スポーツトレーナーのストレッチにも通っていますが、根本的な故障の治療には保険のきく接骨院に行くようにしています。

最近、柔道整復師の資格とはり灸師、マッサージ師の資格を持ち合わせた先生が開業している共和堂水戸接骨院を知人に紹介してもらいました。

はじめはどこも同じで電気治療からはじまりました。

次は赤外線で患部を温めて血行を良くします。そして、最後にマッサージ(どちらかと言えば矯正に近いかな)です。

背中、肩、腰、股関節等のマッサージを施してもらいましたが、ちょうど来院した時はかなり体が硬くなっていたので、全くほぐれませんでしたが、ここまでやってくれるところはあまりないので満足できました。

最近は仕事が忙しくなかなか行くことができませんが、最近息子と一緒に柔道をやり始めましたので、また近いうちに伺い、私の行きつけの接骨院にしたいと考えています。

また、息子もその内一緒に接骨院に行きたいと思います。

インビザラインの事

歯並びを矯正したいと考える人は非常に多いとされており、そのための情報収集が大変重要視されているのであります。

そして最近注目されているのがマウスピースを利用した歯列矯正であり、従来のブラケット使用による歯列矯正法と比較して様々なメリットを有しているのであります。

このマウスピースは透明の専用品であり、矯正治療中も周囲に気づかれにくいのであります。

またスポーツに取り組んでいる人にとりましては、ブラケットによる歯列矯正を行いますと装置の出っ張りによりまして口の中をケガしてしまう事例が報告されているのです。

その点におきまして専用のマウスピースを使用した歯列矯正法の場合には、そのような心配が無いばかりか歯を保護することもできるとされているのです。

さらに金属アレルギーを持っている人に対しても、安心して行うことが出来るのがマウスピースによる歯列矯正法であり、従来のブラケット装置による歯列矯正に取り組むことが出来なかった人も、安心して歯並びの矯正を行うことができます。

ちなみにこのマウスピースを使用した矯正法でポピュラーなのはインビザライン、クリアアライナー、アクアシステム、オペラグラスなどがあり、私は光学スキャナで歯形を採取し、2~3ヵ月に1回の通院で治療を進めることができるインビザライン(大阪)を選びました。