Category Archive: 未分類

束縛と詮索と浮気の調査

学生でも社会人でも独身男性が彼女のプライベートを詮索したり、浮気の疑いをかけたりという事をすると「束縛の酷い男」として女性から白い目で見られたり、非難されることがよくありますよね。

それが長年の習慣になって男性は「女性を疑ったり詮索したりするのは良くないしかっこ悪いな(白でも黒でも散々な目に合うし)」という感情が刷り込まれていくらしいですね(上司談w)。

これが結婚して既婚者になってからも続いて、旦那さんが奥さんの事を疑ったり、スマホを覗き見たりという事ってあまり聞かないような気がします。

でも、インターネットのコラムか何かで既婚者の浮気割合は男性の3.7人に1人、女性の6.1人に1人は浮気をしているというのを読んだことがありますので、結構な確率なのです。

ただ、旦那さんの浮気と違ってあまり周りで妻の浮気について聞かないのは、先に書いたような男性の長年の習慣(疑う男はカッコ悪い)が影響しているのかもしれません。

探偵社の掲載している妻の浮気チェックというコラムを読んでみると、妻の携帯や持ち物チェック、行動チェックなど、独身時代ならそれはそれはキモがられるような事をしなくてはいけませんので、やはり実行に移すには相当の覚悟が必要な気がします。

私ならプロの探偵に浮気調査を丸投げして、自分は知らぬふりで過ごし、調査結果が上がってくるのをひたすら待つという選択をすると思います。

パートナーのスマホのロックを外そうとしたり、カバンやポケットを漁るって、既婚者でもなかなかしずらいんですよね。

遺産相続

今年に入って相続関係の相談で司法書士事務所を探しました。

まあ実家の財産の関係で浜松に住む父が、早めに手続きをしておくというので、そのお手伝いというわけですが。

それまでは、法律の専門家ならどこの事務所でも良いと思っていたのですが、司法書士と言っても単に書類を作るだけであったり、金融系専門であったり、様々な業務があることを知りました。

確かに、病院なら外科、内科というような深慮科目があることは当然知っているのですが、法律事務所の場合、こんな機会でもなければ相談する機会が無い人がほとんどだと思います。

私も春先までそのような認識でした。

しかし、ネットで実際に浜松の司法書士を検索してみると得意分野がそれぞれ異なる事務所があって、その中からユーザーが依頼先を選択する必要があったのです。

私の場合はすぐに「浜松市|相続・遺言あんしん相談センター|司法書士アルファオフィス」というウェブサイトを見つけて「ああ、遺残相続関係を中心に業務を受け付けているんだな」と一発でわかりましたが、どこの都市でもそう都合よく、事務所の方がオフィシャルサイトを開設していて、実績のある業務をきちんと表示しているかはわかりません。

金融系なら全国どこの事務所でも対応できそうですが、その土地の財産管理や遺言などの作成なら近くに住む専門家である必要があります。

そう言った意味でも、今回、相続で実績のある先生がすぐに見つかってラッキーだったと思いました。

ピアノを始めたい!と思い立った私

ピアノを始めたい!と思い立った私。

独学の道も考えましたが不安があったため、まずは大人も教えてくれるピアノ教室を探すところから始めました。

最初に選んだのは地元にあった大手音楽教室の大人向けコースで、そこでは先生との相性があまり良くなく半年ほどでやめてしまいました。

その後うちの近くの個人教室でれっすうを数年受けましたが、クラシックピアノの練習や目的に疑問を感じるようになったのです。

確かにその時点である程度弾けるようにはなっていて、弾きたかった曲はあまり難易度の高くないものだったため既にクリアしていました。

クラシックも好きでしたが、自分で曲を作ったり、アレンジしたりそういったことに興味が出てきたことを正直に当時の先生に話したところジャズピアノを紹介され、自分で調べて曲を聴いたりしていくうちにすっかりハマってしまったのです。

そんなジャズピアノの中でも興味を惹かれたのが即興演奏です。

それまで最初からしっかりとした楽譜が用意されているクラシックピアノを続けていたためかその自由さに驚き、わくわくしました。

仕事場にほど近い新宿でジャズピアノレッスンをやっている教室あり、そこに通い始めました。

そのおかげで今ではジャズ仲間も出来ましたし、たまの機会には友人たちの前で披露したりしつつ、とても充実したジャズピアノライフを送っています。

ウェディングの相場感

結婚式は一生に1度のものです。

どんな結婚式にするか夢が膨らみますが、一体どういった感じで決めていったりお金がどこにかかってくるのか分かりませんでした。

式場を選ぶのは、雑誌を見たりネットでお薦めウエディング会場を調べたりしましたが、基本的に市内の式場は限られているので規模と予算、設備などを総合的に比較できてベストな会場を選ぶためにネットのデータが役立ちました。

また、口コミはネットだけでなく、市内で式を挙げた知人などからも話を聞いて最終調整しましたが、このくらい手間をかけると間違いないですね。

さて、情報を集めたら実際にその場を見て回るわけですが、私の場合は海側と山側と呼ばれる場所があり同じぐらいの予算で両方とも場所があったので、見せてもらうことにしました。

やはり場所を見るだけではあんまり想像出来ないのですが、たまたま式場で結婚式をする準備をなさっていたのでそれを見させてもらいながら自分たちもこんな風に式が出来るのかと想像出来ました。

式場からドレスやタキシードを借りずに紹介で衣装屋さんからまとめて3種類ほど借りたので、二次会にも使えてとてもよかったです。

結婚式はお金がかかることなのでどこにお金をかけて、どこを削るかに悩むと思いますがまずは相場を知っておくことが大事だと思います。

ウェディングプランナーの方も口が達者ですべて鵜呑みにしてしまうととんでもない額のプランになってしまいますので…。