Category Archive: ゲーム

初ゲーミングパソコンを

私はPCで週末ネトゲを楽しむことがありますが、かなりのライトユーザーだと思います。
基本、ゲームの画質設定はハイミドルローで分ければロー一択ですし、オープンワールドゲームの処理落ちやラグは当たり前だと思っていました。

しかし、その認識が変わったのが先週の事。

友人の家で焼肉パーティーをした後に、新しく買ったというゲーミングパソコンで私もアカウントを持っているネトゲをしたのですが、あれ?全然別のゲームじゃんというくらい背景が高画質。

聞けば、ハイクラスの設定で詳細線画もかなり遠方までにしているらしいですが、それでも全然処理落ちしません。

動きもいわゆるヌルヌルで、これなら精密射撃のブレもうまくつかむことができるなというレベルでした。

私など、カクカクしてほとんど感で撃つことがあるくらいなので…。

SSDの立ち上がりの速さも感動的でしたし、もう帰って自分のパソコンを立ち上げると、今まで気にならなかったもっさり感が嫌になってきました。

今、初心者におすすめのゲーミングパソコンのモデルを比較していますが、私の認識よりかなり安くなっていますね。

少なくとも、ハイエンドノートパソコンを買う予算があるならミドルクラス以上のタワー型ゲーミングが買えますから、次のボーナスで購入しようと思っています。

コスプレの準備

コスプレはやはり女性こそ着るものではないでしょうか、アニメやゲームで出てくる魅力ある服装やキャラクターの格好をしている女性は綺麗なものです。

また手作りで作ること時代すごい才能ですし誰もが作れる代物ではないです、それに人気のあるコスプレは多くの人が寄ってきて写真をお願いされるほどです。

スタイルもよく顔かたちのきれいな人は絵になるからです、また男性でも女装している人もいてまるで気づかないほどきれいな女性と思われる人もいます。

コスプレは現実を忘れることができますし好きなキャラクターに慣れるのはとても楽しいものではないでしょうか。

特に衣装がドキッとするような服装だと男性はだれでも見とれてしまいますしまたお近づきになりたいと思います、このような綺麗なコスプレをする彼女がいたのならば楽しいだろうなと思いますしともにイベントに参加できる共感を持てるのはうれしいと思ます。

しかしコスプレをする彼女はイベントが近づくと相手にされないそうです、衣装づくりやメイクに没頭して時間が取れないためであり、合う時間を作るよりは衣装の完成をさせたいと思うから見たいです。

今はアニメだけではなく、ゲームコスプレ等マニアックなものまで出来の良い既製品を安く買えますが、その場合小道具やメイクにかなり気合を入れるのだそうで、そんなときの女性のSNSを見てみると、準備に関する事で頭がいっぱいという様子が見てとれます。

艦これ熱

一時は自分的に遠のいていた艦これくしょんですが、結局この前の夏イベントも参加してしまいました。

仕事が忙しくなって、しばらく忘れかけていたのがうっかり、艦隊これくしょん攻略ブログなどをスマホで見ていて、艦これ熱が再発してしまいました。

やはり、イベントってやっぱりわくわくしてしまいます。

通常の時も楽しいのですが、イベント時にはひときわ楽しいものです。

私は攻略方法が出回ってからようやくイベント海域に行くんですが、先陣を切って攻略方法を見つけていく提督には本当に脱帽します。

イベント海域って本当はクリアしなくてもいいんですが、報酬の勲章や新艦娘・新装備の先行配信、新しい深海棲艦との遭遇、新規BGM、新要素による戦闘と、いかないわけにはいかない魅力であふれています。

艦これでは、テコ入れも定期的にあるので、油断がなりません。

艦種は一折きちんと育てるようにしています。

なので、今まであまり使われてなかった艦やマイナーだった艦に焦点が当たるといいですね。

夏イベントで入ってきた連合艦隊の要素が、今後の通常海域でどのように入ってくるのか楽しみです。

ただ、2013年の秋イベントのような頭がハゲちゃいそうになるイベントはこりごりです。夜戦マップは大破しやすくて、何度も撤退させられました。

私はなんとか武蔵を手に入れることが出来たのですが、精神的に死にそうな思いをしました。

ゲージ回復要素は今後のイベントでは復活しないでほしいです。

美しきパズルゲーム

ゲームにはアクション、シミュレーション、シューティング、RPGなど様々な種類があります。

インターネットを介してゲームができるようになって以来、以前にはなかったようなゲームが多く現れました。

今回はそんなゲームの中から「Auditorium」というゲームを紹介します。
「Auditorium」はパズルゲームに分類されますが、ビジュアルや条件が揃えば流れる曲の美しさは従来のパズルゲームにはないものです。

130502-1

中心にある上向きの矢印を下の白い線が流れている所へ移動すると、白い線の流れが上方向に変わります。
そしてメーターに白い流れを当てると曲が流れ始めてクリアとなります。

130502-2

ステージを進んで行くと矢印やメーターの数が増えていき複雑になりますが、線の流れも複雑になりますます美しくなります。

130502-3

(矢印×2、メーター×3)

最終ステージのプレイ動画がありましたので貼っておきます。


Play Auditorium Walk-Through – Full Version – Act 15 – Finale

Auditorium
http://www.cipherprime.com/games/auditorium/